最新記事一覧

カ テ ゴ リ

リ ン ク

ブログ内検索

RSSリンクの表示

ぶるとぱの日記

旧山奥で暮らす/バツイチ・孤独な女の生活

ロケットストーブで炊き込みご飯を炊いた  

先日はロケットストーブでビタバァレー入りご飯を炊いたが、やたら煙が出るし、薪が足りなくなって途中で拾ったりで、疲れ切ったので、ブログは書いてない。

s050945.jpg


おこげか煙で、臭いご飯となった。

s050958.jpg


その時、網が高いため、薪をくべるスペースが狭すぎて使いづらいと感じたので、少し改良する。

s060058.jpg


網をニッパで切って高さを1cmほどにした。

s060060.jpg


中の灰を草かきでかき出した。

s060065.jpg


すぐに燃えて忙しくなるが、良く燃える細い枝を集めた。
途中で足りなくならないように、多めにスタンバイ。

s060062.jpg


炎が安定してきたところで

s060068.jpg


先日食べた釜飯の器を使って、炊き込みご飯を炊く。
米の量は0.7~0.8合ぐらいかな。

s060069.jpg


熱いよね、お互いに。

s060078.jpg


香ばしいニオイがしてきたので、焦げてきたかと思って火から下ろした。

s060080.jpg


残った火でホイル焼きも作った。

s060085.jpg


料理が終わる頃、ストーブ内が温まって絶好調になるので、止めるのが惜しい。
網を低くしたことで、灰がすぐに溜まるが、1食料理する分には問題なかった。

s060086.jpg


ウッドデッキでご飯にした。
炊き込みご飯は、少し水っぽかった。
ホイル焼きは焦げてしまった。

s060089.jpg


ロケットストーブで面倒なのは、煤だらけの調理器具を洗うことだった。
だから、釜飯の器で炊いて使い捨てにするつもりだったが、フライパンより手軽で使い勝手が良かったので、また使うことにした。
煤で汚れたものを家の中に持ち込むから、机・シンクまで汚して余計な仕事を増やしてしまうのだ。
料理から、食べる、洗い物までを全部外で済ませれば、全然面倒じゃない。

s060090.jpg

カテゴリ: 焚き火・ロケットストーブ

月別アーカイブ



Author:ぶるとぱ




yamaokudekurasu
@yahoo.co.jp