最新記事一覧

カ テ ゴ リ

リ ン ク

ブログ内検索

RSSリンクの表示

ぶるとぱの日記

旧山奥で暮らす/バツイチ・孤独な女の生活

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

単独処理浄化槽の自主管理・チョウバエの幼虫大発生・塩素剤補充  

11月27日、久しぶりに浄化槽の点検をしたところ異変に気がついた。
黒い汚れが全体に散らばっていて、これが黒いウジムシとわかるまでしばらく時間が掛かった。
形、大きさ、色はひじきにそっくりだった。


以下、3枚閲覧注意(大量の気持ち悪い虫です)

s1290705.jpg

s1290706.jpg

蓋も、蓋をはめこむ溝も全部黒いウジで埋まっていた。
あまりに気持ち悪かったので、スプレーの殺虫剤をかけてしまった。

s1290703.jpg
チョウバエの幼虫

沈殿分離室(うんこの流れ込む槽)は、スカムが減って液体が増えていた。
汲み取りはまだ大丈夫そうだ。
こちらの壁も虫だらけだった。

黒い虫は、チョウバエの幼虫のようだ。
幸い、家の中では、キノコバエ、コバエは見るが、チョウバエは滅多に見かけない。
何か対策をしなければならないが、浄化槽の蓋に吊り下げるタイプの殺虫剤は1枚千円以上もするし、成虫はいないので購入はやめた。
チョウバエの幼虫に効いて浄化槽に使える、デミリン発泡錠3% 2錠×10袋 ユスリカ・チョウバエ対策を購入した。

s1290924.jpg


水90~180ℓに1錠使用となっている。
これを、トイレに投入してしばらく置いて溶かしてから水を流した。
1錠あたり83.65円、数ヶ月に1度使用で済むならそれほど高価なものでもないので、定期的に使用して幼虫を発生させないようにしたい。

s1290945.jpg




先日、チョウバエの幼虫にスプレーの殺虫剤をかけてしまったせいか、今日初めて浄化槽から悪臭がした。
これは本当に大失敗で、虫を洗い流せば浄化槽に殺虫剤が流れ込んで、ますますバクテリアが弱ってしまうが、塩素剤の筒を取り出すためにペットボトルの水を掛けて、中途半端に虫を落とすしかなかった。

s1290942.jpg


放流水の消毒塩素剤ウレオライトの代用として、キッチンのヌメリ取り 30g×3個入も購入した。
浄化槽の塩素剤はかなりまとめて買わないと宅配便の送料がかかってしまうし、在庫を持たなければならない。
キッチンのヌメリ取りの有効成分はウレオライトと同じトリクロロイソシアヌル酸である。
ケースに入っているだけで、中身はほぼ同じモノと考えてよいだろう。

s1290934.jpg


ヌメリ取りのサイズはケース込みで書かれているので、開封してみないと塩素剤の大きさはわからない。
この塩素剤の直径は30mmだったので、筒に収めることができた。

s1290941.jpg



塩素が少しずつ水に溶け出すようになっている。
これで、コバエなんかも減ってくれればいいな。

s1290940.jpg


虫の屍骸はどうしたらいいかわからなくて、見て気持ち悪くない程度に水で流した。
本当は生きているうちに水で流すべきだった。

s1290944.jpg

関連記事

カテゴリ: 浄化槽管理

月別アーカイブ




Author:ぶるとぱ




yamaokudekurasu
@yahoo.co.jp





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。