最新記事一覧

カ テ ゴ リ

リ ン ク

ブログ内検索

RSSリンクの表示

ぶるとぱの日記

旧山奥で暮らす/バツイチ・孤独な女の生活

初DIY  

ほとんどの家にあって私の家に無い物は下駄箱。
長靴やブーツがいつも散らかっていて邪魔、他の靴は引越しのダンボールに入ったままだった。
でもわざわざ買いたくないので簡単な棚を作ることにした。

用意したのは片付けの時に何かに使うかもと思って取っておいた小汚いスノコ板2枚。
昔テレビでスノコを使って収納棚を作るのを見て「うわー貧乏くさい、これはないわ」と思っていたのになぜか今同じ事をやろうとしている。しかも私のは普通なら捨てる程の汚らしい状態だ。
それから庭に散在している煉瓦を拾い集める。
黴で黒ずんだスノコの汚れはブラシでさっと取る。
汚れが残っていても別に構わない。

IMG_1790.jpg

いつもの作業場で床下にあった塗料を塗った。
筆を洗う物がなかった、仕方ないからキッチンペーパーで拭くだけ。
次に使うときはしばらく塗料の中に浸しておけば筆は柔らかくなるだろう。
思い立ったら何でもすぐに取り掛かるので後になって問題が出てくる。

IMG_1792.jpg

後は積み木だね、レンガを重ねてスノコを渡すだけ。
煉瓦が不安定だからといって接着してはいけない。いつでもまた自由な煉瓦に戻せることが重要だ。
スノコの両端の縦の棒がじゃまをして靴を3足並べることが出来ない。
しょうがないから分解して棒を1本減らして位置をずらして釘を打った。
こんなことするくらいなら板を買ってきた方がよっぽどマシに思えるけれどお金をかけない事に意義がある。
煉瓦は庭を捜してもあと4個足りないので後日買ってきた。
これら瓦礫類はゴミ処理場で引き取り不可なので買うのは気が進まなかったが
既に家に使わないのがあるんだから4個増えようが同じことだろう。

IMG_1900.jpg

塗料が完全に乾くと何も塗らなかったかのように地の色が出てしまった。
気が向いたらもう一度塗ろう。
色を塗ろうが塗るまいがどこから見てもスノコはスノコなんだけどね。
マンションだとこの靴箱はかなり浮くだろうが、このログハウスにはもうすっかり馴染んでいるように見える。自分で作ったからそう思うだけかな。
関連記事

カテゴリ: 未分類

月別アーカイブ



Author:ぶるとぱ




yamaokudekurasu
@yahoo.co.jp